· 

“二次利用料”ってご存知ですか?  世間であまり知られていないイラスト制作代金のこと

アナタの知らない二次利用の世界

「イラストレーターにイラストを描いてもらったら、アイコンにもチラシにもポスターにも書籍にも動画にも、あらゆるものに利用できる!」

と思っていませんか?

 

でもそれは、実は大きな間違いです。

イラストには利用する用途ごとに二次利用料というものがかかります。

 

このブログでは一般的にあまり知られていない、二次利用料とイラスト代金の内訳についてお話しします。

 

目次

そもそもの話
料金の具体例
見積書と契約書
イラスト素材サイトは2次利用料なんてかからないけど?
二次利用料を請求しないイラストレーターもいるけど?
イラストの価値とは?
まとめ  

そもそもの話


 

イラストの代金のうちわけは、実はこういうことになっています。

イラスト基本料金= 制作費 + 一次利用料

 

 

 

イラストの代金は、イラストを制作する作業代金だけでなく、イラストの利用料金も含まれます。

 なぜならイラストというものには必ず用途があるからです。

 

 

また、用途が増えるたびに、二次利用料 というものがかかります。

 

用途とは媒体のことで、チラシ、ポスター、名刺、パンフレット、書籍、webサイト(ブログ)、バナー広告、SNSアイコン・カバー、動画などです。

 

1つ目の用途を一次利用、2つ目以降の用途を二次利用と考えるとわかりやすいです。

 

 

●2つ用途がある場合のイラストの代金はこのようになります。   

        

 

 

イラストの代金=製作費+一時利用料+二次利用料

 

 

 

●「チラシ」と「webサイト」と「動画」の合計3用途でイラストを使う場合でしたら、一次利用がチラシ二次利用はwebサイトと動画ということになります。

 イラストの代金は、イラストの基本料金と二次利用2点分の料金がかかかります。

 

イラストの代金=製作費+一時利用料+二次利用料×2

※似顔絵名刺、似顔絵ポストカード、似顔絵ウェルカムボード、似顔絵SNSカバーヘッダー、似顔絵アイコン、似顔絵お祝いイラストボード、似顔絵LINEスタンプは、その目的でしかご使用にならない前提で制作販売していますので、二次利用料はかかりません。

料金の具体例


 

例えば基本料金が10,000円のイラスト1枚の場合、

当サイトでは、二次利用料は基本料金の1/4なので2,500円です。

 

 

チラシにだけ利用するイラストを注文すると、料金はイラストの基本料金だけになります。

 

A. 用途がチラシだけ

 

 

イラストの料金=製作費+一時利用料=10000円

 

 

ではチラシとwebサイトにイラストを使う場合はどうでしょうか。

 

 

B. 用途がイラストをチラシとwebサイト

 

 

イラストの料金=制作費+一次利用料+二次利用料=12,500円

 

 

 

それではチラシとwebサイトと動画にイラストを使う場合はどうでしょうか。

 

 

C. 用途がチラシとwebサイトと動画

 

 

 

 

 

 

また、よくあるのはイラスト5点をチラシで使い、うち2点だけwebサイトで使いたいというケースです。

 

D. イラスト5点注文、用途はチラシ(5点中2点はwebサイトでも利用)

 

見積書と契約書


 

どのイラストに二次利用料がかかるのか?

このイラストの利用できる媒体は何と何なのか?

 

依頼人とイラストレーターの間でわからなくなってしまうトラブルを避けるために、見積もり時に二次利用料が記載された見積書と、納品時に利用媒体が書かれた契約書をお送りします。

 

見積もりの例

イラストの見積書
イラストの見積書

 

イラスト利用契約書の例

イラスト利用契約書
どのイラストが何の用途で使えるのか、わかりやすく表になっています。

イラスト素材サイトは二次利用料なんてかからないけど?


 

イラスト素材サイトでは、手ごろな値段でイラストを購入したり、無料でダウンロードすることができます。

 有名どころですと、

 

〇有料イラスト素材サイト

Adobe stock

iStock

PIXTA

 

〇無料イラスト素材サイト

いらすとや

イラストAC

ピクト缶

 

それぞれのサイトによって利用規約が異なりますが、2次利用料という概念がありません。

 

それはなぜなんでしょうか?

 

 理由はイラスト素材のメリットとデメリットに関係があります。

 

○イラスト素材のメリット

  • 安い
  • カテゴリーから気に入ったイラストを選ぶ方式で、イラストレーターにイラストを発注するのに比べて手間がかからない
  • ダウンロードしてすぐ使える

 

○イラスト素材のデメリット

 

①イラストを自分以外の他人が使用することを禁止できない

 

ダウンロードした人ならだれでも使えるので、他のwebサイトやチラシと、イラストが被ってしまうことがあります。

 

 

 

②完全にイメージ通りのイラストがない

 

例えばこんな経験はないでしょうか?

 

「イメージにぴったりの絵柄のイラストをみつけたけど、人物が右手を上げてるイラストは無いなぁ…。」

「仕方ない、ちょっとイメージと違うけど、右手をあげてるこのイラストで妥協するか。」

 

と、完全に欲しいイメージどおりのイラストを手に入れるのは難しいです。

 

 

 

③無料素材だとサイズや解像度が小さかったり、PSDやAIデータがダウンロードできない。

 

多くの無料素材サイトではダウンロードできるのはpng、jpeg画像です。(中にはpsd,aiをダウンロードできるサイトもあります)

 

また、もっと大きいサイズのイラストが欲しくても小さいサイズのイラストしかなかったり、解像度が低くて印刷には不向きだったり…と、用途にマッチしないケースもあります。

 

 

以上のデメリットは、

イラストレーターにイラストを直接注文すると、これらの制約を一切受けることがありません。

 

ポスターや看板に使うような大きなイラストも作れますし、依頼者様の欲しいイメージとイラストを一致させることができ、イラストを他人に全く使わせず独占することもできます。

 

例えば企業のキャラクターイラストにイラスト素材を使うなんてことはあり得ませんよね。

 

 

オンリーワンのイラストを使いたい場合はイラストレーターへ注文、オリジナルにこだわらなくても良くて低予算に抑えたい場合は素材サイトと、用途や目的によってサービスを使い分けをすればいいと思います。

 

 

二次利用料を請求しないイラストレーターもいるけど?


 

原則的にイラストは利用媒体ごとに二次利用料がかかりますが、中にはこれを請求しないイラストレーターもいます。

それはなぜでしょうか?

 

イラストレーターは、制作会社の社員以外はフリーランスです。

イラスト1枚の料金は、そのイラストレーターが自由に決められます。

 

 

物凄い細密な描きこみのイラストを1枚5000円で売るイラストレーターもいれば、単純な線と塗りで構成されたキャラクターに3桁の価格をつけるイラストレーターもいます。

 

それはイラストレーターが実績や評価から、自身の市場価値を計り、料金設定をするのですが…

 

そんなことに関係なく、自分で好きな料金をつけても別にOKなのです。

 その料金で売れるかどうかはまた別の問題として、自分のイラストにいくらの料金をつけるかは、イラストレーターの自由です。

 

それと同じで二次利用料を請求するかしないかは、イラストレーター次第です。

 

 

当サイトの場合は、イラストの使用媒体が多い場合は二次利用買い切り(使用の報告不要でほとんど無制限に二次利用できる)で大幅割引サービスをしております。

 

また似顔絵キャラクターイラストは、SNSの二次利用料を無料サービスさせていただいています。

 

 

イラストの価値とは?(余談)


 

イラストの料金はどのように決められるのでしょうか。

 

  • イラストの枚数
  • キャラクターの人数
  • イラストのサイズ
  • 描きこみの量

 

単純に個数や、作業時間で値段をつけられる事が多いです。しかし

 

 

企業のイメージを決定づける、サイトのトップページのイラストだったら?

 

提供しているサービスや商品への好感度をグッとあげるキャラクターだったら?

 

 

イラストの生み出す効果や利益を考えると、イラストには、ロゴやサウンド、デザインと変わらない価値があります。

 

今の時代なら、LINE@のスタンプや、SNSアカウントのキャラクター、PV動画で使われるキャラクターなどの効果が特に大きいです。

イラストを使う前と使った後で、アクセス数やお問い合わせ数に劇的な変化をもたらすことがあります。

 

 

しかし、イラストは紙と鉛筆さえあれば、誰でも描こうと思えば描けるので簡単に思われがちです。

紙1枚の価値でしか換算されないことがよくあります。

 

でもイラストはデザインと同じで、誰かに何かの行動を促すためにあります。

 

プロのイラストレーターと素人の違いは、画力や絵の魅力ももちろん重要ですが

  • 目立つ、集客が出来る
  • お客様にサービスをわかりやすく伝える
  • 人の感情に訴えかける(明るくしたり、癒したり、和ませたり、興奮させたり)
  • コミュニケーションやアクションを生み出す
  • 企業やお店、個人の理念、思い、文化を伝える

 

こういったことを、プロのイラストレーターは意識してイラストを描いています。

 

それに絵を描くだけでなく、依頼人との打ち合わせで的確にヒアリングして、目的にあっていて効果が上げられるイラストを提案していく能力も必要とされます。

 

たとえ一見簡単な線と塗りだけのシンプルなイラストでも、依頼人との打ち合わせや提案、修正を重ねてたどりついた線と塗りです。

 

 商業ベースのイラストは、決してイラストレーターが何となく描いたものではありません。

 

依頼する企業やお店、個人の思いや、目的をくみ取り、日々張っているアンテナや、磨いている感性や技術と組み合わせて生み出されるものなのです。

 

 

まとめ


 

二次利用料とは、イラストの用途ごとにかかかる利用料です。

 

用途とは

チラシ、ポスター、名刺、パンフレット、書籍、webサイト(ブログ)、バナー広告、SNSアイコン・カバー、動画などの利用媒体。

 

 

 イラストの料金は

イラスト料金=制作費+一次利用料+二次利用料

 

 

用途や目的に合わせて、素材サイトを利用するのか、イラストレーターに発注するかを使い分けましょう!

 

イラストのお見積り無料です!気軽にご相談ください。

ただいま全商品5%offキャンペーン中!!

アイコン以外の注文で、顔写真1枚のサイト掲載OKと、使用感をレポートしてくださった依頼者様には8%off割引させて頂きます!!

 

 

アイコン学割始めました!

学生さん(社会人・職業訓練生なども対象です)で学生証や在学証明書を持っている方なら、4450円でアイコンを注文できます!


ご依頼は、依頼主本人様または依頼主の関係者様の似顔絵に限定させていただいています。

また著作権上の理由で「アニメ・漫画キャラクターや、ロボット、固有のアイテムと、自分の似顔絵を一緒に描いてほしい」という依頼は一切お引き受けすることが出来ませんのでご了承ください。

2018年10月21日に関西の大型交流会イベント『クリエイター200人祭り』に登壇しました!

参加者の皆様ありがとうございました!!

クリエイター200人祭り2018

私がメインで使っているペイントソフトです! 安価で多機能!

激安&おすすめネット印刷

Instagram