· 

1年前クリエイター祭りの一般参加者だった私が、今年登壇者になったお話

裏話もあるよ~

10月21日にブリーゼブリーゼホールで開催された、フリーランスクリエイター向け大規模交流会『爆誕!3年後には最強のワイ!悩みを狙い撃ち!クリエイター200人祭り』で登壇をさせていただきました。

プレゼンのタイトルは

『苦手意識を駆逐せよ…!アニメ・漫画風似顔絵サイトを完成させるために壊した三重の壁』

 

テーマはまさかの、ビジネス戦略です。 

 

当日は満員御礼で200人超のクリエイターに集まっていただき、「クリエイター祭り」がtwitterのトレンド入りを果たしたり、交流会で活発な名刺交換や交流が行われて大盛況のうちに幕を閉じることができました。

 

去年初めてクリエイター祭りに一般参加しましたが、まさか1年後に壇上で話すことになるなんてあの時は思いもしませんでした。

無名のイラストレーターの私が、どうやってこんな大きなイベントで登壇することになったのか? その経緯を語らせていただきます。いろいろ裏話もあるよ~。

もうちょっと早くUPしたかったんだけど、祭りが終わって燃え尽きてました…(ヽ´ω`)

自己紹介
昨年のクリエイター祭り
 登壇者に選ばれた経緯
登壇への意気込み
登壇準備
スライドのブラシュアップ
登壇当日
交流会
自分が登壇のチャンスを掴めた理由を分析すると3つ
まとめ

自己紹介


こんにちは、アニメ・漫画系イラストレーターの谷町クダリです。

元アニメーターのゲーム系イラストレーターで、フリーランス&在宅でお仕事をしています。

詳しいプロフィールはこちら

 

フリーランスになった経緯は、引きこもり体質だからです。

家が好きで、人込みや人付き合いや会社組織が苦手。

 

昔から、作家や漫画家など家で仕事する職業に憧れていました。

アニメーターになった動機も、将来的に在宅で仕事をしたかったからというのが理由のひとつです。

当時は制作進行さんが自宅に原画を届けてくれる、えらい作画監督になりたいと思っていました。

 

ブラックすぎるアニメ業界を去ったあと、ソシャゲブームの到来とともにイラストレーターに転向してからは、ゲーム系の仕事が8割で、打ち合わせや納品はほぼすべてメールとチャットでやってきました。

 定期的に仕事があり実家暮らしだったので、引きこもりイラストレーターでもやっていけたのですが、ある時期を境に依頼される仕事が減り始めて、なかなか新しい営業先を開拓できずにいました。

 

将来が不安で眠れず早朝にスマホをいじっていた時に、イラストレーターさらえみさんのサイトを偶然発見したのが運命の出会いです。

まったく神様を信じてないけど、この時ばかりは気まぐれな神か精霊がチャンスをくれたのだと思います。

即日メールを送って主催されてる相談会に申し込みました。

 

このときの相談会で、この先どうしていいかわからなかった自分に、進みたい方向性がおぼろげに見えました。

 

  • ゲーム系しか自分のイラストに需要がないと思った→別の業種に営業できるかもしれない
  • webサイトで集客、受注するなんて考えてもみなかった→引きこもりたい私にうってつけ
  • 知り合いの紹介で描いてた似顔絵→仕事にすることができるかもしれない

そして去年のクリエイター祭り参加ににつながります。


昨年のクリエイター祭り


似顔絵のポートフォリオを持って、あべのハルカスホールをうろうろする私。

 

すべてはここから始まった…!

 

お恥ずかしいですが、去年のクリエイター祭りの体験レポもブログに書いております。

『引きこもりイラストレーターがクリエイター200人祭り(実際は230人) inあべのハルカスに参加してみた』

 

読み返してみると、どう見ても村を出たてのレベル1ザコ勇者なのですが、当時は当時なりに一生懸命である…。

 

ところで今更ながらクリエイター祭りってどういうイベントかというと…

 

★クリエイター祭りとは

関西最大級のクリエイター交流相談会イベント。

独立・就職・収入アップ・働き方…クリエイター・フリーランスが直面する悩みを、トップクリエイターではなく「自分の1歩先・5歩先」を行くクリエイターの実体験ストーリーから、解決の糸口を探ってもらうイベントです。

「ちょっとした情報や人とのつながりで、将来は変えることができる」を理念に、クリエイター同士の互助や交流を目的とした気楽なイベントですが、本気で3年後の自分を変えたい強い目的意識を持った人向けです。

クリエイター祭り ワカヤマ君
キモかわいい公式キャラ、ワカヤマ君

登壇者に選ばれた経緯


クリエイター祭りのあと結構悩んだのですが、TheCreativeというクリエイター祭りを主催してるクリエイターギルドに4月に入会しました。

ビジネス知識の学習や、イベントの企画運営、自分の悩みを相談してグループで解決してもらえたり、他業種の人と組んで仕事ができる可能性があると聞いたからです。

何より、ギルドで学んで似顔絵サイトを完成させることが最重要目的でした。

 

入会して初日のグループミーティングで『3か月アワード』に参加してみないかと言われました。

 

なにそれ?

 

説明しよう! 3か月アワードとは!★

3か月先の目標を達成できない人が、1年先、3年先、5年先、10年先の目標を実現できるか?いやできない。

7月までの3か月で何か自分なりに目標をたてて実行。

それをスライドにして7月にプレゼン発表大会を開く。

1位の人は賞品もあるよ!

クリエイター祭りの登壇者もそこで選ぶよ!

 

というギルド内のイベントでした。

 

3か月先の目標も達成できない人が1年先、3年先、5年先、10年先の目標を実現することなんて、でーきるんですかぁー?

いやぁ、できないwwwww

 

 …とあおられると(誰もあおってない)、生来の負けず嫌いの虫が騒ぐものです。

それにダラダラ似顔絵サイトを作るより、イベントに発破をかけてもらった方が進むんじゃないかということで、3か月アワードの目標を「似顔絵サイトを作る」に決めました。

 

で、サイト作りは登壇ではさらっと説明していたんですが、むっっっっっちゃ大変でした!!

 

私ビジネス知識が全然なかったんですよね。

だからベネフィットだの売り強み分析だのをする前に、まずビジネス用語や知識を1か月で勉強したんですよ。

1か月で学ばないと、絶対サイトが作れない計算だったから。

だから仕事終わってから夜、日付が変わる手前まで毎日勉強してました。

 

私が人よりちょっとだけ効率的に勉強できたなと思うことは、自分が似顔絵ビジネスを立ち上げようとしていたから、難しいビジネス用語が出てくるたびに(LTV・イノベーター・ブルーオーシャン・損益分岐点・フロントエンドetc...)、自分の似顔絵やイラストに置き換えて毎回考えるようにしていました。

 

 

 知識を学んだあとは登壇で発表したような、

  • ベネフィット
  • ターゲット
  • 営業方法
  • 売り強み

分析をして、どういう方向性で売っていくかを決めました。

 

 次にサイト作りですが、ギルド内メンバーにサイトを作ってもらえば楽できるじゃない?と思いついて、見積りを出してもらいましたが予算の都合がつかず断念。(これもいい経験になりました)

WordPressを覚える余裕がないのでHP作成ツールのjimdoでサイトを作って、モニターを頼んで、モニターさんやグループミーティングでフィードバックしてもらったり、何回も相談して改善しての繰り返しで作っていきました。

このあたりもちょっと記憶が飛ぶくらい大変だったんですが、

 

ほーら、やっぱり出来きないwww

メシウマwwww  (^Д^)

 

って言われたくない意地と(注:誰もそんなこといいません)、最初に立てた計画の期日にギリギリ手が届き続けたことが決め手で、なんとか6月末にサイト完成公開することができました!

 

やれやれだぜ…と思ったのもつかの間。

 

さてここから3か月アワード用の5分間プレゼン用スライド制作に取り掛からなくてはなりません。

この時点でHP5くらいしか残ってないし、発表会は1週間後なんだな、ハハッ^^; 

時間が無かったけど頑張って作ったスライドの工夫が評価されたことも、のちの登壇につながっています。

 

スライド制作ノウハウの話は長くなるので、また近日中に別ブログで記事を書きます。

仮タイトル

『突然登壇することになったあなたへ!聴衆の心をつかむスライドの極意はこれだ…!』

 

それでやってきました3か月アワード。

40人近い人が5分ずつ、この3か月の挑戦をプレゼンしていきます。

参加者のテーマはさまざまで

 

  • セミナー開催
  • 営業先の開拓
  • 就職
  • 独立
  • 取材活動
  • 漫画を毎日UP
  • ダイエット部設立
  • 奥さんの愛を取り戻せ
  • 健康で人間的な生活を取り戻せ

 

などなど。

デザインがこなれているスライドや、話し方がうまい人、構成がうまい人、ネタが面白い人、一所懸命さが伝わってくる人、サプライズネタを放り込んでくる人、40人分で3時間以上かかってるんですが、本当に見ごたえがあって楽しかったです。

 

自分のプレゼンは、これが人生初のプレゼンだったので本当に緊張しました。

 でも本番は、クリエイター祭りの登壇でも使ったあのネタがウケたし、自分らしいプレゼンが出来たので、順位とか結果とか関係なく達成感でいっぱいでした。

 

帰りは珍しく立ち飲みでワインを引っかけて気持ちよ~く帰りましたよw 

このあとまさかまさか…、クリエイター祭りの登壇者に選ばれてしまうとは思いもよりませんでした。

 

ワイン
何も知らず美酒に酔いしれる私。

登壇への意気込み


審査でクリエイター祭りの登壇者に選ばれたときの第一声は「うえええええ~~~~~><!!!」でした。

 

人前に立つのが苦手だし、自分に自信はないし、私のイラストビジネスはニッチすぎるし、クリエイター祭りのメインコンテンツの一つを任されるなんて責任が重すぎるし…

 

何べんも言いますが、クリエイター祭りのコンセプト

独立・就職・収入アップ・働き方…クリエイター・フリーランスが直面する悩みを、トップクリエイターではなく「自分の1歩先・5歩先」を行くクリエイターの実体験ストーリーから、解決の糸口を探ってもらうイベントです。

「ちょっとした情報や人とのつながりで、将来は変えることができる」を理念に、クリエイター同士の互助や交流を目的とした気楽なイベントですが、本気で3年後の自分を変えたい強い目的意識を持った人向けです。

 

私がもの凄い成功者や神クリエイターである必要は無いよって、それはそうなんですが…。

登壇者発表のミーティングにオンラインで参加していて、「それでは谷町さん、意気込みを一言どうぞ!」と言われてコメントした時のテンションの低いこと低いこと…^^;

現実逃避して河原で石ころを蹴ったり、ものすごい遠方まで犬を散歩に連れてったりしました。

 

ですが冷静に考えてみると、登壇するメリットは計り知れないです。

 

対外的には

  • 200人規模のイベントでの登壇実績(プロフィールに書ける!)
  • 出版、web、クリエイター界隈へのプロモーション(認知度UP)
  • 運営メンバーのブースト(ワッショイしてもらえる)
  • SNSフォロワー数UP

経験値的には

  • 登壇経験(こんな規模のイベントで20分もしゃべる経験なんて普通ない!)
  • スライド制作スキル(イベントのコンテンツとして通用するようなスライドを作れるようになる)

それでもしばらくクリエイター祭りのことは棚上げしてグズってたのですが、2か月前に迫るとさすがに腹をくくりました。

登壇準備


3か月アワード(5分プレゼン)ではサイトを作るところまでが内容でした。

もともと長かった内容を5分に強引に纏めたので20分に拡大することは簡単だけど、ビジネス知識を学んでサイト作ってどういう効果があったかとか、集客の成果を出せるようにしたい。

 

そこでSNS運用を本気で取り組みました。

ちょうどそのころ『沈黙のウェブマーケティング』という本を読み、著者のウェブライダー代表の松尾さんのトークイベントに行って学んだことが大きかったです。

私が実践してることは、ほぼ書籍版の『沈黙のウェブマーケティング』に書いてあります。

有名な本なので未読の方はぜひ立ち読みしてみてください。

 

それとthe Creative主催の中規模交流会フリーランスカレッジNight☆の運営に入りLPのノウハウや、アクセス解析の読み方、自分以外の人のSNS運用を見ることが出来たのも、勉強になりました。

フリーランスカレッジNight☆の運営についてもブログを書いています。

 

ほんとはSEOが効いてきて、googleの検索上位にあがれるまで相当時間がかかると思ってたので、SNS運用に力を入れて、おいおいブログを充実させてPV数を上げて、年単位で上位にあがる…くらいで考えてました。

 

ですがたった3か月くらいで効果が出て、私のプレゼンの例の田んぼ店状態から、

 

「アニメ 似顔絵」google検索で1ページ目に載ることに成功!!

 

びっくりしました…!ニッチなキーワードは、適切に努力すれば短期間で検索上位載るのは夢じゃないのよ…!

 

オープンしたてのサイト
before 公開したてのサイトのイメージ
ターゲットから直通の道をSNSで作る
after サイトへの一本道が通り、来てほしいターゲットを載せたバスが来てくれる。「アニメ 似顔絵」で検索上位に載るのは、例えるなら、ただの田舎がニッチな映画ファンやアニメファンが集う聖地になるようなイメージ。田舎でもお客さんが来てくれるなら問題ありません

スライドのブラシュアップ


ギルドメンバーのグループの前で、登壇内容を通しで発表してフィードバックをしてもらいました。

以下はフィードバックアンケートの抜粋です。

  • 着地点が見えないのであらかじめ何を期待して聞けばよいのかわからない
  • 専門用語が多いのでもっとかみ砕いた表現で
  • 競合優位性のところをもっと易しく
  • スライドの読み上げが早すぎる
  • 身近な感じが欲しい
  • ビジネス戦略が長すぎて途中で何について話してるのかわからなくなる
  • 壁1壁2壁3アイコンがあったほうがいいかも
  • 置いてきぼり感がある
  • 合間にオーディエンスを巻き込んだほうが良い
グループメンバーが描いてくれた私の似顔絵らくがき
グループメンバーが描いてくれた私の似顔絵らくがき

スライド改善するのは一苦労なんですが、客観的に聞く人の立場で考えるのは自分ひとりだと難しいので大いに助かりました。

このときのフィードバックがなかったら、完成度5割以下のプレゼンになっていたと思います。 

 

同じグループメンバーであり、登壇者の山本まゆさんの存在も大きいです。

同じ日に発表したんですが、テーマからブレずにめっちゃ纏まってる…。

周りに凄い人がいると自分ももっと頑張ろうというモチベが自然と湧いてきました。

 

直前のリハでは、ほかの登壇者の高田久紀さんミナミシゲユキさんのプレゼンも拝見してフィードバック。

デザインも整っているけど、話の構成が美しい… 内容が濃い…

周りに凄い人がいると自分ももっと頑張ろうというモチベが以下略 

 

 それからリハで初めてイベントチームや当日手伝ってくれる運営メンバーと、当日の流れを確認しました。

私の知らないところでみんなイベント成功に向けて着々と動いてくれていたことを実感して、大変心強かったです。

 

クリエイター祭り直前の登壇者インタビュー動画

動画に出演するのも、トークセッションをするのもこの時が初でした。運営さんに感謝です~

 


登壇当日


谷町クダリ 登壇1
谷町クダリ 登壇2
谷町クダリ 登壇3

なんとかやり切りました!

 

実は本番はあまり緊張しませんでした。

何故なら今更じたばたしてもしょうがないからです(笑)

 

本番でやることなんて、原稿を読み上げることくらいなのさ。

 

でも途中リモコンの効きが悪かったり、手持ちのスマホの原稿が何回も編集モードになってスクロールがもたついたりして焦る場面もありました。

途中「やべ…っ」となって客席をチラチラ見てたのですが、参加者の皆さんがざわざわしないで真剣に聞いてくれてるのがわかって感動しました…(´;ω;`)

 

登壇が終わってジャンル別相談会や交流会に続きます。

しかしわたしが長々説明するよりも会場の雰囲気を理解してもらえると思いますので、

クリエイター祭りのフォトギャラリーを暫しお楽しみください

撮影は『人間ラブドール製造所』のLEiyA Arataさん。

クリエイター祭り 登壇者
リハ前の登壇チーム 
フリーランス
こう見えてみんな手練れのフリーランスです
ハロウィン仮装
仮装軍団 めっちゃまじめに仕事してる
クリエイター祭り開幕
祭り始まったよー
クリエイター200人祭り ワカヤマ君
股間をハッシュタグでそっと隠しながら、見守るワカヤマ君
カッシーさん理念
クリエイティブな人に幸せを
クリエイターの名刺
例年、名刺置き場がワッサーってなる クリエイターの名刺は面白いよー!
ジャンル別相談会
ジャンル別相談会 青果市場ではない
ジャンル別相談会参加者
人人人 
交流会
レッツ交流
クリエイター200人祭りお疲れ様でした
最後まで残ってくれた人たちと集合写真 お疲れ様でした~!

交流会で「プレゼン面白かった」「自分の売り強みや競合分析をしてみる」と声を掛けていただけたのがとても嬉しかったです。

相談されて僭越ながらいろいろアドバイスをさせていただきましたが、逆に私にこうしたほうがいいですよとアドバイスをしてくださったり、こういうことがあったら相談してください!と申し出てくれる人もいらっしゃって、ただの名刺交換ではない、踏み込んだ交流が出来てよかったです。

もし今からでも私と交流したい方は、気軽にtwitterにメッセージ送ってください^^ (@TanimatiKudari)

 

3か月アワードをやり遂げたときは、自分の目標を達成することが最優先で、自己満足な部分が大きかったのですが、クリエイター祭りでは誰かの役に立ったり、チーム全員でイベントを成功させることが出来た喜びは全然別のものでした。

貴重な体験をさせてくださったギルドメンバーや、参加者の皆さん、スポンサーの皆さまに心から感謝です。

 

 


自分が登壇のチャンスを掴めた理由を分析すると3つ


僭越ながら、運以外に自分がチャンスを引き寄せられた理由を分析してみました。

 

1.目的意識をもってがむしゃらに動いた

山本まゆさんのプレゼンと同じで、勇気と軸をもって行動したこと。

そのための沢山の知識や意見をもらえる場所に行く。

質問力を磨く。

素直に自分より優れている人の助言を聞く。

ちゃんとお礼を言う。

一般論や身内の意見に流されてばかりだったけど、不安に負けないで自分を信じて進む。

 

2.全然やったことないことでも挑戦した

やったことないけど、自分にとって必要だと思うことに積極的に挑戦しました。

  • 人前で話す
  • マーケティング
  • SEO対策
  • ブログを書く
  • イベントを企画運営する
  • 交渉
  • ロゴ制作

3.自分のやってきたことを振り返る

1か月前何をしていたか思い出せますか?

私は未来のことは良くも悪くも考えますが、昔から日記が続いたことがないし、自分の写真を撮る習慣がありません。

過去を振り返らない主義と言えば聞こえはいいけど、日記や写真があれば、人生の幸せな時や成功の瞬間を追体験することができるので、その機会を失ってきてしまったのは損だったかもしれません。

 

ギルドに入ってから予定の進捗確認のため、定期的に振り返って記録するようになったんですが、これが意外と長期&短期のモチベーション維持に重要でした。

 

小さい意味では備忘録、大きく言えば自己分析、もっと大きく言えば大事な思い出を永遠に残すこと。

このとき私こんなことで躓いて苦労してたんだなとか、今は全然違うことを考えてるけどこの時こんなことを考えていたんだなとか。

振り返ると原点に戻れたり、努力の後が証拠として残っているので、軸と自信を持つことが出来ました。

 

ブログでもnoteでもFacebookでも何でもいいから、振り返りはしたほうがいいですよ!

 

 


まとめ


我ながら1年で遠くまで来たものです。

クリエイター祭り登壇という素晴らしい経験をすることができて、自分を取り巻く状況も激変しました。

でもまだ道半ば。自分の3年後に定めた目標には全然手が届いていません。

今まではスピード重視で走りぬけてきましたが、あと2年となったここからは、一歩ずつじっくり進んでいきたいなと思います。

長いブログをここまで読んでくれてありがとうございました!

 

 


緊急告知 クリエイター祭り東京開催決定!!


関東や東日本のクリエイター・フリーランスの皆さんに朗報です!

満を持して2019年4月21日、クリエイター祭り東京開催が決定しました!!!

 

クリエイター200人祭りin東京

公式で参加者募集が始まりましたら、わたしもFacebook、twitterでシェアさせていただきますので、関東・東日本の方は楽しみにしていてください。

 

 


おまけ☆クリエイター祭り関連ブログリンク


 

〇公式キャラクターワカヤマ君のtwitter中の人、圧倒的犬派イラストレーター上原ミウさんブログ

「爆誕!3年後には最強のワイ!悩みを狙い撃ち!クリエイター200人祭り」ワカヤマくんを担当しました。

 

〇司会の昆虫写真家、村松佳優さんのブログ

2018年クリエイター祭り開催!参加者から運営へ。毎年参加しているのはなぜなのか?

 

〇登壇者webデザイナー山本まゆさんのブログ

「2018 クリエイター祭りで登壇しました!」

 

〇クリエイター祭り統括、オープニング動画担当カッシーさんのブログ

主催者視点で見る #クリエイター祭り (OP動画の解説多め)

ただいま全商品5%offキャンペーン中!!

アイコン以外の注文で、顔写真1枚のサイト掲載OKと、使用感をレポートしてくださった依頼者様には10%offさせて頂きます!!

ご依頼は、依頼主本人様または依頼主の関係者様の似顔絵に限定させていただいています。

 

 また著作権上の理由で「アニメ・漫画キャラクターや、ロボット、固有のアイテムと、自分の似顔絵を一緒に描いてほしい」という依頼は一切お引き受けすることが出来ませんのでご了承ください。

2018年10月21日に関西の大型交流会イベント『クリエイター200人祭り』に登壇しました!

参加者の皆様ありがとうございました!!

クリエイター200人祭り2018

私がメインで使っているペイントソフトです! 安価で多機能!

激安&おすすめネット印刷

Instagram

レトロゲーム・アニメキャラクターの刺繍作品中心にを投稿してます